宇野塗装とは

どうして塗り替えが必要なの?

塗装(塗り替え)には、美観の回復・建物価値の向上だけでなく、建物を塗膜によってコーティングし、 紫外線や雨・風などの外部刺激から建物自体を守るという役割があります。
屋根や外壁に塗料を塗り、それが固まると「塗膜」という膜が屋根や外壁を覆います。この塗膜が、紫外線や雨水などが直接、 屋根材や外壁材に当たら ないようにガードしています。 しかし、この塗膜にも寿命があります。長い間、紫外線などの外的要因にさらされることで、塗膜は劣化してきます。
塗膜が劣化すると、屋根や外壁にひび割れが入り、そこから雨水が浸入して構造体を腐らせるなど、建物にダメージを与えてしまいます。
そのため、壁・屋根を守る為の保護と、建物の寿命を延ばし長く守るために、定期的な塗り替えが必要なのです。

塗り替えの目安と適切な時期は?

まず、外壁表面のひび割れやふくれや剥がれはもちろん、外壁を触って白い粉が付く(チョーキング)ようであればそれは、 外壁の塗膜が劣化している証拠です。
また、カビや藻の発生は、美観を損なうだけでなく外壁の寿命を縮めます。手遅れにならないうちに塗り替えるのが、お住まいを快適に過ごす秘訣です。 できるだけ早い機会の塗り直しをおすすめします。
また、前回の塗装工事から数年経過しているようであれば、1度ご自分の目で調べてみるとよいでしょう。

  • 外壁を触ると、白い粉が付きませんか?(チョーキング)
  • 塗装表面にカビ・コケ・藻が発生していませんか?
  • 壁面に微細なひび割れが生じていませんか?
  • 塗膜に水や空気が入って膨れていませんか?
  • 塗装がボロボロとはげれ落ちていませんか?

こんな症状が見られたら、早めの塗り替えをおすすめします。